人工知能時代はイノベーションを起こせ!

これからの人工知能時代に必要なのは、

今までの常識を壊すという
「感覚破壊」を起こしていく事です。

特にこれからのAI時代で
成功する為には、必ず
この「感覚破壊」
が重要になります。

今回は、これからの時代で
重要なこの「感覚破壊」の
戦略について一例を
お話させて頂きます。

それが、

「破壊的イノベーション」です。

破壊的イノベーションとは、
既存製品に比べて性能が低いながら、

低価格・単純・小型・使い勝手が
良いなどの特徴を持ち、既存市場の
顧客とは別の顧客から支持される
技術革新が行われることを言います。

例えば、格安スマホが
「破壊的イノベーション」にあたります。

これまで、携帯電話の料金は、
通常1か月に約4000〜5000円ほどの
料金がかかりましたが、

この格安スマホは、
1か月約980円という
信じられないほど
安い価格で販売されています。

この格安スマホの出現により、
大手携帯会社のこれまでのシェアが
どんどん喰われてしまっているのです。

ソフトバンクやドコモも、本当は
自分の首を絞める事になるのですが、

「破壊的イノベーション」に
対応しなければならず、
低価格のスマホを販売し始めています。

これが、「破壊的イノベーション」
の恐ろしさです。

これと同じ様に、
「破壊的イノベーション」で
速くて・安い価格破壊を起こして
大ヒットしているのが、
低価格の床屋さんです。

これは、どこのお店も超満員です。

実は、私も以前は髪の毛が殆ど無いのに、
1回4000円の床屋さんに行っていましたが、
現在は、速くて・安い1000円の床屋さんに
行っています(笑)

これからの時代は、色々な業種で
この「破壊的イノベーション」が行なわれ、
今までの常識を壊す「感覚破壊」が
次々と行われていくと思います。

皆様も、仕事において素晴らしい
「感覚破壊」を起こしていきましょう!

▼西田文郎のメールセミナー!登録は"無料" 詳細は下記をクリック▼